ブログ「未来トータルライフ超弦原子」‐光速の未来の科学バナー
『未来の科学予言の書(情報商材発売中!!)』


世界の真意伝承シリーズのすべて〜無職自由部署余裕役職が女性芸能人に見つかり頼まれ…情報商材つくるハメに…『未来の科学予言の書(情報商材発売中!!)』

光速の未来の科学

神仙流で生活に役立つ未来のトータルなライフ
無職自由部署余裕役職が女性芸能人に見つかり頼まれ・・・情報商材をつくるハメに…不確定混沌乱数〜世界の真意伝承超厳選まとめ売り必要がすべてあるおじいちゃんおばあちゃん知恵袋ちょいテク集シリーズのすべて
Mozilla Firefox のようにブラウザなら全画面表示(F11)キーを押して、もう一度(F11)キーを押すと元の画面へ戻る。

※現在からは必要!!『・悪環境に慣れて正常に適応して悪の反応となり行動するのなら不可能でも攻撃を回復として自然に治していくトップが世界常識の普通として疲労休養による栄養保養の良好を善業で行うことが絶対性なので私的作成のネット直版物と同様で非常に好ましいのです♪』(著:桐生和也) http://kazuya3.web.fc2.com/syouhin/syouhin1.html

頭の善い役立つ言葉

Copyright © 2011 KazuyaKiryu. All Rights Reserved.
特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシーPowerd by コウコン式

直販売購入かお仕事お待ちして下ります。

直販売購入かお仕事お待ちして下ります。

超厳選まとめ売り!!必要がすべてある!
見ていくだけでも生活に役立ち簡単に楽な便利になる!!!
全未来全歴史全世界すべてのノウハウ♪
おじいちゃんおばあちゃんの知恵袋?
ちょいテク集∞

聖伝読み解き説明文集(マイオリジナル製作の情報商材用ですが、!。)

「出来る事なら、砂漠でオリーブ林のオアシス、また、作りたいですね。40日ですよ、また、あれだけでも、・・・」

『要するにワールド・バイブルというのは解決法が書いてあったのです。(マイ情報商材も)』

『太古から現在までの全記録物は当時から今でもたいへん有効な科学だったのです。(私的情報商材も)』

オリーブ油は大変貴重であり料理に調理として使うと薬の効果もあったんです。

だから、砂漠が林に生る程に植えてしまった事が多々あったのです。

聖者の頃にも・・・。

調理なども飲料や食べ物などアルコールもそうです。

料理酒や調理酒としてなら適材適所なので酔わないのです。

他のモノもどんなものでも皆が同じです。

同じモノをつかうなら、同じ事をするのなら、適材適所が最適なのです。

適材適所できちんと楽に行える方がどちらにしても良好なのです。

砂漠にオリーブを植えて飢えを凌ぎ、その後に、林になったオアシスがあったのです。

「出来る事なら、砂漠でオリーブ林のオアシス、また、作りたいですね。40日ですよ、また、あれだけでも、・・・」

『要するにワールド・バイブルというのは解決法が書いてあったのです。(マイ情報商材も)』

『太古から現在までの全記録物は当時から今でもたいへん有効な科学だったのです。(私的情報商材も)』

私の実家に伝わっていたワールドロードブリティッシュ系統の神聖伝によるセイント・バトル法論についての捕そくです。

これは私の制作した情報商材を眺めていれば暗記や下手に方法を考え込まずに素直にそのまま程度なら誰でも気が付くのです。

聖書や世界系統の記録物や言い伝え以前の伝承はビッグバンとはゼロストップして鳥の様に地球にとまってしまった光超越速度の知能構成体を指していたのです。

宇宙はこの地球で起こった爆速点の超加速を、光速での最高速ストップで安定させてました。

その影響も最近までに消え去ると出来たのです。

たとえば、大昔のキリスト辺りの伝わりで言うならブッダやモハメッドでも同じです。

「禁断の果実」とは、

リンゴや林檎や桜桃などの様な、大昔の当時は、

「心身体に『栄養が活き過ぎて』性などが活発になり動き過ぎて疲れて死にやすかった」

当時の人間外の人間型生物にあったのです。

「禁断の実」でみで栄養を得過ぎて逆に心身体が動き過ぎてしまい性や体が戦い同様に動き過ぎるので静める必要があるのです。

アダムの次のイヴが食べ次のカインが狩りで元気になり荒れ狂いに慣れて、アベルが静か過ぎて逆に変になったのです。

罪などは食べ物に殺し合う生物同士の異常な戦いが収まるまでの間とその後の傾向を宛てて言っていたのです。

今では大昔は動植物同士で荒れに荒れた当時より正常にきちんと仲良く出来ているほうです。

「異端」と呼ぶのは人間以外のエルフなどの知能人体生物や人間や他の動植物が存在していたからです。

最近の宇宙人騒ぎも人間が感じにくい空気生物や水生物などや土生物などなど特殊な生命体もいてそれの騒ぎと大嘘の見間違いが混ざっているのです。

三位一体も昔なら3種以上のドラゴニアやエルフなどの人間型生物体の事で直子孫で太古の生物達の特殊能力をも受け継ぐ現在の私自身の様に完全な人間だったのでもありました。

生誕時の3人の賢者とは、異人間の人間型生命体が立派な普通の人間として訪ねて来たということです。

啓示などは、科学でも昔でも同じ当時の傾向を人々に知らせ表わしたのです。

これらには、特別に差別や競争や戦争や死亡疲労などは要りません。

成功科学や帝王学と同じで文字をそのまま『素直』にみればよいのです。

十字架は自分で背負い自分でやったとみんなを助けたとイエスだと私もだと間違った者が有名になりました。

これらに対応する為に弟子達が必死になり、元気です、と、

仮死同然にまでなり、死亡直前より以前に助け出し元気になるまで、

3日間以上も看病し続けストップして可笑しな動きを止める事に、

大成功した最後の晩餐の解散までの間のニワトリが鳴く程にまで、

考え迷ったすべてが出て来そうになった弟子達だったのでしょう。

他のみんなも同じ様でした。

それまで、どうして、それほど、変だったのか、可笑しかったのか、妙だったのか、・・・。

狂った病の様な異生物による『白』の熊や『青』の鯨や『赤』の鳥や『黒』の虫や・・

24人の長老と4つの生き物といったら他の単語や文字もそのままの表わしの意味でありました。

当時からずっと字をひとつも間違えずに伝えるというのはこの簡単な意味の部分でした。

たしかに、それ程注意しなくても良くなり分からなくなるのも分からずに良い様な気がしてくるのです。

24人の長老と4つの生き物といったら当時は本物の人間以外の知能生物だったのです。

残っていても知能生命体は死亡すると自然環境に融け込んでしまいほとんど分からなくなるのです。

第一の騎士

アルブレヒト・デューラーの木版画『黙示録の四騎士』

『ヨハネの黙示録』第6章第2節に記される、第一の封印が解かれた時に現れる騎士。

白い馬に乗っており、手には弓を、また頭に冠を被っている。

勝利の上の勝利(支配)を得る役目を担っているとされる。

第二の騎士

『ヨハネの黙示録』第6章第4節に記される、第二の封印が解かれた時に現れる騎士。

赤い馬に乗っており、手に大きな剣を握っている。

地上の人間に戦争を起こさせる役目を担っているとされる。

第三の騎士

『ヨハネの黙示録』第6章第6節に記される、第三の封印が解かれた時に現れる騎士。

黒い馬に乗っており、手には食料を制限するための天秤を持っている。

地上に飢饉をもたらす役目を担っているとされる。

第四の騎士

『ヨハネの黙示録』第6章第8節に記される、第四の封印が解かれた時に現れる騎士。

青白い馬(蒼ざめた馬)に乗った「死」で、側に黄泉(ハデス)を連れている。

疫病や野獣をもちいて、地上の人間を死に至らしめる役目を担っているとされる。



キリスト教外の俗用法(読み解きの『一例』これで他の世界の言い伝えもすべて解けます。)



狂った病の様な異動植物違生物による『白』の熊や『青』の鯨や『赤』の鳥や『黒』の虫や・・



狂った病の様な異動植物違生物による


『白』の熊や

白い馬に乗っており、手には弓を、また頭に冠を被っている。
勝利の上の勝利(支配)を得る役目を担っているとされる。

4つんばいで静かに周りに気候をまとって寒い大地に行きました。


『赤』の鳥や

赤い馬に乗っており、手に大きな剣を握っている。
地上の人間に戦争を起こさせる役目を担っているとされる。

攻撃的なものは死に食べ物が満ち足りて静かになった。


『黒』の虫や・・

黒い馬に乗っており、手には食料を制限するための天秤を持っている。
地上に飢饉をもたらす役目を担っているとされる。

海に追いやり腐食を進行させずに干乾びるかの様に、
動植物に海の生物達にも食べさせれば良いとして静かになった。


『青』の鯨や

青白い馬(蒼ざめた馬)に乗った「死」で、側に黄泉(ハデス)を連れている。
疫病や野獣をもちいて、地上の人間を死に至らしめる役目を担っているとされる。

動物の肉に似た小さな魚が大量に食さずに存在しており、
それらを捕食して腹が満腹などで海を移動して増減を繰り返すので、
海の生物で特に目立たなくて多い生物を人間などが食せば、
このように荒れる原因にもならずに静かになったのです。

キリスト教外の俗用法

頑張った当時からの様々な色々な王国や偉人達の人間外をも含む環境が良好になる静かな聖地を求めて戦い勝利して仲良く出来ていったのです。

教育や能力開発などもそれだけではなく、ここに独自の情報商材も販促ビラされています。

当然ここだけの特別な私の身からの情報商材にも数多くの事が載っております。

ここだけの特殊な情報商材を見るだけでも後々で気が付き可能になることが増加して来る仕掛けになっています。

これらは、まず、現在の問題でもある脳死関連にもあり、ぜん息やノドや各アレルギーなど胸の疲れや痛みや風邪のような妙な疲れがそれにも当たります。

これらの最大の原因はただの体感動作によるお互いの疲労の加速増加による為です。

これらの原因は性などに使用される生殖機能まで反応してしまいその部分の疲労が真っ直ぐ上に行ってしまう正中線にもあります。

これらは、胸腺や咽頭や腎臓や肝臓や脳の前脳や後脳辺りの脳腺に近い所にも性のエネルギーの消費による疲労が痛みとなり動き続けると止まらない病気の障害のようにもなるのです。

最近のすべてのアレルギーやぜん息の様な治療原因不明の病気類の真の原因は生殖機能が同時に無駄に動いてしまう疲労から始まる各エネルギー消費の連鎖による栄養不足と他にエネルギーが栄養で周る過不足になる原因がそれに当たります。

老化や障害は治らなければ楽に持続させてあげる位しかないのです。

脳死などもそうですが、出来る成功できると考えすぎて皆が苦労するのです。

芸能放送やアダルトやトップ達などまで夜勤看護慰安婦やつきでは嫌でありました。



8 キリスト教の文化的影響
8.1 建築への影響
8.2 美術への影響
8.3 音楽への影響
8.4 文学への影響
8.5 哲学への影響
8.6 科学への影響

8.7 生活・その他への影響


医療・病院のルーツの多くが修道院にある。

旅人を宿泊させる巡礼者を歓待する修道院、
巡礼教会をいうホスピス(hospice)が、
がんで余命いくばくもない人が最後の時間を心やすく過ごすための施設、
ホスピスに転嫁したこと、
歓待する(hospitality)が、
病院(hospital)の語源でもあることはあまり知られていない。

修道院でリキュール(薬草酒として発達した面もある)
が製造されているのもこうした医療行為に由来し、
今日でも多くのリキュール・ワイン・ビールといった
アルコール類が一部の修道院で醸造されている
(ワインはミサ・聖餐式・聖体礼儀用でもある)。

これらの酒類の中には、
シャルトリューズなど有名なブランドとなっているものも珍しく無い。


(本当はアルコール等が無く、ネクターやハーブの様なモノを当時は指したのでこれに治せば良いのです。)



キリスト教

イエス・キリスト。
12世紀に制作された、
アギア・ソフィア大聖堂にある『全能者ハリストス』と呼ばれるタイプのモザイクイコン。

キリスト教(キリストきょう、
基督教、英語: Christianity)は、
ナザレのイエスを救世主イエス・キリスト(メシア)と信じ、
『旧約聖書』に加えて、
イエスや使徒たちの言行を記した『新約聖書』を基準とし、
隣人愛・愛(アガペー)を説く伝統的世界宗教である[1]。

世界における信者数は20億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い[2]。

目次

1 教派と信徒数
1.1 教派
1.2 信徒数
1.2.1 世界全体
1.2.2 アジア地域
1.2.3 日本国内
2 教義・教理
2.1 信条
2.2 異端
3 組織
3.1 職制
3.2 教会
4 キリスト教徒の生活
5 近世までのキリスト教の歴史
5.1 アリウス派とアタナシウス派
5.2 ネストリウス派
5.3 非カルケドン派(単性論教会)
5.4 東西教会の分裂
5.5 カトリックとプロテスタント(宗教改革)
5.6 キリスト教発展の理由
6 近現代におけるキリスト教の展開
6.1 カトリック教会の展開
6.2 プロテスタントの展開
6.3 正教会の展開
6.4 東方諸教会の展開
6.5 エキュメニズムへの取り組み
7 日本とキリスト教
7.1 歴史
7.1.1 キリスト教伝来
7.1.2 鎖国とキリスト教禁止
7.1.3 明治維新後
7.2 現代日本のキリスト教
7.2.1 カトリック
7.2.2 プロテスタント
7.2.3 正教会
7.2.4 エキュメニカル派
8 キリスト教の文化的影響
8.1 建築への影響
8.2 美術への影響
8.3 音楽への影響
8.4 文学への影響
8.5 哲学への影響
8.6 科学への影響
8.7 生活・その他への影響
9 キリスト教に基づくとされている習俗
9.1 クリスマス
9.2 イースター
9.3 結婚式
9.4 バレンタインデー
9.5 ハロウィーン
10 他宗教との関係
11 脚注
12 参考文献
13 関連項目
14 外部リンク



キリスト教 - Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/キリスト教



ヨハネの黙示録の四騎士

このページ名「ヨハネの黙示録の四騎士」は暫定的なものです。
議論はノートを参照してください。
このタグは2009年5月に貼り付けられました。

『黙示録の騎士』。
ヴィクトル・ヴァスネツォフ作(1887年)。

ヨハネの黙示録の四騎士(ヨハネのもくしろくのよんきし)は、
『ヨハネの黙示録』に記される四人の騎士。

小羊(キリスト)が解く七つの封印の内、
始めの四つの封印が解かれた時に現れるという。

四騎士はそれぞれが、
地上の四分の一の支配、そ
して剣と飢饉と死・獣により、
地上の人間を殺す権威を与えられているとされる。

目次

1 第一の騎士
2 第二の騎士
3 第三の騎士
4 第四の騎士
5 キリスト教外の俗用法
6 フィクションにおけるヨハネの黙示録の四騎士
7 関連項目

第一の騎士

アルブレヒト・デューラーの木版画『黙示録の四騎士』

『ヨハネの黙示録』第6章第2節に記される、
第一の封印が解かれた時に現れる騎士。
白い馬に乗っており、手には弓を、また頭に冠を被っている。
勝利の上の勝利(支配)を得る役目を担っているとされる。

第二の騎士

『ヨハネの黙示録』第6章第4節に記される、
第二の封印が解かれた時に現れる騎士。
赤い馬に乗っており、手に大きな剣を握っている。
地上の人間に戦争を起こさせる役目を担っているとされる。

第三の騎士

『ヨハネの黙示録』第6章第6節に記される、
第三の封印が解かれた時に現れる騎士。
黒い馬に乗っており、手には食料を制限するための天秤を持っている。
地上に飢饉をもたらす役目を担っているとされる。

第四の騎士

『ヨハネの黙示録』第6章第8節に記される、
第四の封印が解かれた時に現れる騎士。
青白い馬(蒼ざめた馬)に乗った「死」で、
側に黄泉(ハデス)を連れている。
疫病や野獣をもちいて、
地上の人間を死に至らしめる役目を担っているとされる。

キリスト教外の俗用法

第四の騎手はタロットの死神のモデルとされている。
クリント・イーストウッドが出演・監督した『ペイルライダー』という映画がある。
フィクションにおけるヨハネの黙示録の四騎士

メタリカ:1983年発表のデビューアルバム『キル・エム・オール』に、
黙示録の四騎士を題材にした「ザ・フォー・ホースメン」という曲が収録されている。

女神転生シリーズ:
それぞれ「ホワイトライダー(White Rider)」「レッドライダー(Red Rider)」
「ブラックライダー(Black Rider)」「ペイルライダー(Pale Rider)」と言う名で登場。
ブラスレイター:「BLASSREITER」とはドイツ語。
英語に直すと「PALERIDERS」で、「青ざめた騎手(騎士)」となる。

関連項目

ウィキメディア・コモンズ
ウィキメディア・コモンズには、ヨハネの黙示録の四騎士に関連するカテゴリがあります。

ヨハネの黙示録
蒼ざめた馬
ホースメン(映画)
黙示録の四騎士(映画)
フォー・ホースメン

執筆の途中ですこの項目「ヨハネの黙示録の四騎士」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。

加筆・訂正などをして下さる協力者を求めています(P:キリスト教/PJ:キリスト教)。

カテゴリ: ヨハネの黙示録 | 名数4 | キリスト教終末論 | 聖書の語句



ヨハネの黙示録の四騎士 - Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヨハネの黙示録の四騎士



エルフィン一家もキリュウ一家も桐生一家もきりゅう一家も言いました。

「大丈夫うちの子供たちなら成長すると頭が良くなるから分かります。」と。

当時の人々にとっては本当だったので信じるのは容易い事だったのですが段々時と場所が空間が離れるごとに分からなくなっていったのでした。

当時から今までの通りの事件や都市伝説や噂などがあったのです。



オリーブ

オリーブの樹
分類
界:植物界 Plantae
門:被子植物門 Magnoliophyta
綱:双子葉植物綱 Magnoliopsida
目:ゴマノハグサ目 Scrophulariales
科:モクセイ科 Oleaceae
属:オリーブ属 Olea
種:オリーブ O. europaea
学名
Olea europaea
和名
オリーブ
英名
Olive
オリーブの実

オリーブ(阿列布、英: Olive、学名:Olea europaea)は、モクセイ科の植物。果実がオリーブ・オイルやピクルスを作るときに利用されている。種子の油は、オリーブ核油 olive kernel oil といい、オリーブ油よりも品質が劣る。

目次

1 概要
2 生産
3 シンボルとしてのオリーブ
4 耐用年数
5 外部リンク

概要

地中海地方が原産とされ、葉が小さくて硬く、比較的乾燥に強いことからスペインやイタリアなどの地中海地域で広く栽培されている。

多くの品種では自家受粉できない。DNAが同一の花粉には反応せず実をつけないことが多い。このため、オリーブは2本以上隣接して植えた方がよいとされる。

日本での栽培は香川県小豆島で1910年頃はじめて成功した。現在は香川県、岡山県などで栽培されている。

日本語では「橄欖(かんらん)」と呼ばれることもあるが、橄欖は本来オリーブとは全く異なるカンラン科の常緑高木である。これは、オリーブに似た緑色を呈する鉱石オリビン(olivine)を和訳する際に、全く違う樹木である橄欖の文字を誤って当てて「橄欖石(かんらんせき)」と名づけてしまったためで、植物のほうも同様に誤字が流布してしまった結果である。また、一説にはカンランの果実を塩蔵したものを英語で chinese olive と称したことによるとも。 明治初期に和訳された新約聖書マタイによる福音書のなかに「橄欖山の垂訓」があり、当時はオリーブを用法の似た「かんらん」と混同ないし、同一視されていたため鉱石の誤訳説には疑問がある。

生産

オリーブは重要な商品作物である。FAOの統計資料によると、98%以上の生産国は地中海に面し、そのうち、2/3がヨーロッパ州に集中している。

2002年のオリーブの実の生産量は1398万トンであり、全体の30.8%をスペインが生産(430万トン)していた。生産上位10カ国は、スペイン、イタリア(19.5%)、ギリシャ(14.3%)、トルコ(10.7%)、シリア(7.1%)、モロッコ(3.0%)、ポルトガル、エジプト、アルジェリア、ヨルダンである。

1960年には年産400万トンだったが、1990年に1000万トンを超えた。2002年までの10年間に生産量が著しく増加した国は、スペイン(140万トン)、シリア(80万トン)、トルコ(70万トン)、エジプト(30万トン)。ギリシャ(20万トン)、ヨルダン(15万トン)である。逆に、減少が著しい国はイタリア(50万トン)、チュニジア(20万トン)である。

2002年時点で、地中海に面した国のうちオリーブ生産量(果実)が少ないのはアルバニア(2.7万トン)、キプロス(1.8万トン)、フランス(2万トン)、マルタのみである。地中海以外であっても、地中海性気候に属する地域を含む国ではオリーブは生産されている。例えば、イラン(4万トン)である。中央アジアでもわずかに生産されているが統計データとしてはごく少量である。

オリーブOlea europaea 中央は花を付けたオリーブの枝。左上は蕾(つぼみ)、花びらを4枚付けた花、開花後のがく、左下はオリーブの種子と綿。右上は2本の楕円形のおしべ、右中央は花の側断面図、右下は紫黒色に熟したオリーブの実と側断面図

湊川神社にあるオリーブの樹。明治十一年パリ万国博覧会日本館長前田正名がフランスより持ち帰ったもので、日本最初のオリーブの樹とされる。

スペインのアンダルシア州におけるオリーブのプランテーション。

シンボルとしてのオリーブ

オリーブの枝は、ハトとともに平和の象徴とされることが多い。これは『旧約聖書』の「神が起こした大洪水のあと、陸地を探すためにノアの放ったハトがオリーブの枝をくわえて帰ってきた。これを見たノアは、洪水が引き始めたことを知った。」との一節に基づいている。

国際連合旗や、幾つかの国の国旗や国章にも使われている。イタリアの政党連合にも「オリーブの木」というのがあった。

日本では、香川県の県の木、県の花に指定されている。

国際連合旗

イタリアの国章

イスラエルの国章

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

耐用年数

平成20年度税制改正において、法人税等の「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」が改正され、別表第四「生物の耐用年数表」によれば平成20年4月1日以後開始する事業年度にかかるオリーブ樹の法定耐用年数は25年となった。

外部リンク

ウィキメディア・コモンズ
ウィキメディア・コモンズには、オリーブに関連するマルチメディアがあります。

オリーブ(オレイフ) - 「健康食品」の安全性・有効性情報 (国立健康・栄養研究所)
香川県農業試験場小豆分場

カテゴリ: モクセイ科 | シンボル | 地中海の食文化



オリーブ - Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/オリーブ



橄欖

橄欖(カンラン)

カンラン科の植物。
オリーブの誤訳。
岩石の名(橄欖岩)。
日本海軍がイギリス海軍より貸与された駆逐艦の1隻。橄欖型駆逐艦を参照。


橄欖 - Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/橄欖





橄欖型駆逐艦

艦級概観
艦種駆逐艦
艦名
前級-
次級-
要目
排水量常備:740トン
全長240フィート6インチ(73.30m)
全幅25フィート6インチ(7.77m)
吃水7フィート10インチ(2.39m)
機関ヤーロー式缶4基
パーソンズ式直結タービン1組
3軸 13,500馬力
速力27ノット
航続距離13ノットで2,250海里
燃料重油:170トン
乗員72名
兵装4インチ砲2門
3インチ砲2門
53cm魚雷発射管2門

橄欖型駆逐艦 (かんらんがたくちくかん)は、
大日本帝国海軍の駆逐艦の艦級。

第一次世界大戦時に地中海での船団護衛のためにイギリスが貸与、
日本人乗員が運用した。

大戦終結後イギリスに返還。

同型艦2隻。

目次

1 概要
2 同型艦
3 参考文献
4 関連項目
5 脚注

概要

第一次世界大戦において同盟国イギリスの船団護衛のため日本からも駆逐艦12隻等が派遣されたが、
イギリスから貸与されたH級駆逐艦 (Acorn class destroyer) 2隻も参加した。

正式に日本海軍籍に入った訳ではないが日本人の乗員が運用、
艦長も日本人で軍艦旗を掲げて任務に当たった。

一説には、
大量発生したゴキブリを駆除できず持て余していた両艦を日本にあてがったともいう。[1]

同型艦

橄欖(かんらん)

英H級駆逐艦「ネメシス」。
1917年(大正6年)10月12日受領。第2特務艦隊第11駆逐隊。
1919年(大正8年)1月17日プリマス港で返還。

栴檀(せんだん)

英H級駆逐艦「ミンストレル」。
1917年9月20日受領。第2特務艦隊第11駆逐隊。
1919年1月17日プリマス港で返還。

参考文献

片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
福井静夫『福井静夫著作集第5巻 日本駆逐艦物語』(光人社、1993年)ISBN 4-7698-0611-6

関連項目

大日本帝国海軍艦艇一覧

脚注

^ 阿川弘之『軍艦長門の生涯』を参照。

表・話・編・歴
大日本帝国海軍の駆逐艦の艦級
等級制定前
雷 | 東雲 | 暁 | 白雲 | 春雨 | 神風I 
Naval Ensign of Japan.svg
ロシア捕獲艦
山彦 | 皐月 | 敷波
イギリス貸与艦
橄欖
一等駆逐艦
海風 | 浦風 | 磯風 | 江風 | 峯風 | 神風II | 睦月 | 吹雪 | 初春 | 白露 | 朝潮 | 陽炎 | 夕雲 | 秋月 | 島風 | 松 | 橘
二等駆逐艦
桜 | 樺 | 桃 | 楢 | 樅 | 若竹
大日本帝国海軍艦艇一覧
執筆の途中ですこの「橄欖型駆逐艦」は軍艦に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(P:軍事・PJ軍事・PJ船)
カテゴリ: 日本の駆逐艦



橄欖型駆逐艦 - Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/橄欖型駆逐艦



カンラン石

玄武岩中のかんらん岩ゼノリス
a軸側から見たオリビンの結晶構造

橄欖石(かんらんせき、olivine)は、
マグネシウムや鉄のケイ酸塩鉱物の一種。

オルソ(ネソ)ケイ酸塩鉱物である。

Mg2SiO4(フォルステライト)と Fe2SiO4(ファヤライト)との間の連続固溶体をなす。

「橄欖」の漢字が難しいので、
通常はカンラン石あるいはかんらん石と書かれる[1]か、
英名そのままでオリビンと呼ばれる。

目次

1 語源
2 成分・性質・特徴
3 種類
4 橄欖岩
5 脚注
6 関連項目
7 参考文献
8 外部リンク

語源

ラテン語のoliva(オリーブ)が語源で、
オリーブ色(濃緑色)をしていることによる。

1790年ウェルナーの命名。

Olivineを橄欖石と訳したのは日本の地質調査所の人々らしく、
文献で最も古いのは『20万分の1伊豆図幅地質説明書』(西山正吾、明治19年・1886)である。

カンラン科橄欖とは、
ベトナム原産の東南アジア一帯で栽培されている、
日本のムクロジュに似ているカンラン科の果木で、実を食用にし、
油を取るほか、
薬用にも用いる。

この木は、
実はヨーロッパ(地中海地方)のオリーブ(もくせい科)にやや似ているが、
まったく別科の植物。

しかし、
幕末に実だけをみて同じと誤認したため、
聖書が漢訳されたらしく(文久2年・1862)、
オリーブの訳にこの字があてられ、
以後そのまま伝えられたものという。

成分・性質・特徴

一般式は (Mg,Fe)2SiO4。Mn、Ni、Ti を少量含む。斜方晶系。比重は3.2〜3.8。モース硬度は7。

ガラス光沢で色は黄緑色。形状は粒状または短柱状結晶。
玄武岩などの塩基性岩や超塩基性岩に多く含まれる。

鉄に富むファヤライト質のカンラン石は,
ソレアイト質マグマの分化で晶出し,
ソレアイト質流紋岩や花崗岩などに含まれることもある。

フォルステライトで緑色のもので特に美しいものは、
8月の誕生石であるペリドット(peridot)とよばれ宝石にされる。

種類

苦土橄欖石(forsterite、フォルステライト)

化学式 : Mg2SiO4。色 : 白色、黄緑色、条痕 : 白色。ガラス光沢。劈開なし。硬度 : 7。比重 : 3.2。
鉄橄欖石(fayalite、ファイアライト)

化学式 : Fe2SiO4。色 : 褐色、黒色、条痕 : 淡褐色。ガラス光沢。劈開なし。硬度 : 6.5。比重 : 4.4。
テフロ石(マンガン橄欖石、テフロ橄欖石、tephroite、テフロアイト)

化学式 : Mn2SiO4。色:灰色、帯青灰色、帯緑灰色(光が当たると退色する)。条痕 : 灰色。ガラス光沢。劈開なし。硬度:6.5、比重:4.1。産出は限られる。石英とは共存しない。

モンチセリ石(モンチセリ橄欖石、monticellite、モンティセライト)

化学式 : CaMgSiO4。色:白色、帯緑灰色、灰色。条痕:白色。ガラス光沢。劈開なし。硬度5、比重3.2。石灰岩スカルンから産出するが、場所は限られる。

橄欖岩

カンラン石が主要構成鉱物である岩石をかんらん岩という。
マントルの上部は主にかんらん岩から構成されていると考えられている。

脚注

[ヘルプ]

^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会、1984年。ISBN 4-8181-8401-2。

関連項目

ウィキメディア・コモンズ
ウィキメディア・コモンズには、カンラン石に関連するカテゴリがあります。

鉱物 - ケイ酸塩鉱物
鉱物の一覧
造岩鉱物
有色鉱物
ペリドット
カンラン岩
オリビン構造

参考文献

森本信男 『造岩鉱物学』 東京大学出版会、1989年。ISBN 4-13-062123-8。
松原聰・宮脇律郎 『日本産鉱物型録』 東海大学出版会〈国立科学博物館叢書〉、2006年。ISBN 978-4-486-03157-4。
国立天文台編 『理科年表 平成20年』 丸善、2007年。ISBN 978-4-621-07902-7。

外部リンク

Olivine Group (mindat.org) (英語)
Olivineグループ(地球資源論研究室)

カテゴリ: 鉱物 | ケイ酸塩 | 鉄の化合物 | マグネシウムの化合物



カンラン石 - Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/カンラン石



カンラン科

ガンボリンボ (Bursera simaruba)

分類
界:植物界 Plantae
門:被子植物門 Magnoliophyta
綱:双子葉植物綱 Magnoliopsida
目:ムクロジ目 Sapindales
科:カンラン科 Burseraceae Kunth


本文参照

カンラン科 (橄欖科、Burseraceae) は、
被子植物門の科のひとつである。

APG植物分類体系ではムクロジ目に属すが、
その他の分類体系ではミカン目に属していた。

アジア、アフリカと南北アメリカの亜熱帯から熱帯にかけて17から18属540種が分布する。

葉は互生し、多くは羽状複葉で油点がある。

花は普通小さく、
花弁と蕚片は4か5.雄蘂はその2倍か3倍数あり、
雌蕊は3〜5ある。

果実は通常刮ハか核果である。

橄欖(かんらん、Canarium album)はインドシナの原産で、
江戸時代に日本に渡来し、
種子島などで栽培され、
果実を生食に、
また、タネも食用にしたり油を搾ったりする。

それらの利用法がオリーブに似ているため、
オリーブのことを漢字で橄欖と当てることがある。

新約聖書「マタイによる福音書」の有名な「橄欖山の垂訓」は、
オリーブのほうである。

ミルラ(Commiphora abyssinica)の樹脂である没薬(もつやく)は、
古代エジプトで、
貴人のミイラを作るのに使われ、
日本語のミイラ(木乃伊)は、
ミルラが語源といわれる。

また、乳香(にゅうこう)は、
Boswellia carterii の樹脂で、
香料・薬用などに使われている。



Aucoumea オクメ属
Beiselia バイセリア属
Boswellia ボスウェリア属
Bursera ブルセラ属
Canarium カンラン属
Commiphora ミルラノキ属
Crepidospermum クレピドスペルマム属
Dacryodes ダクリオデス属
Garuga ガルガ属
Haplolobus ハプロロブス属
Pachylobus パキロブス属
Protium プロティウム属
Santiria サンティリア属
Scutinanthe スクティナンテ属
Tetragastris テトラガストリス属
Trattinnickia トラッティニッキア属
Triomma トリオンマ属

カテゴリ: ムクロジ目



カンラン科 - Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/カンラン科



※本当は、調合すると、塗り薬があり、それの事もあります。



ブロックバスター (医薬品)

ブロックバスター (Blockbuster drug) とは、医薬品産業において使用される用語で、従来の治療体系を覆す薬効を持ち、圧倒的な売上高をたたき出し、その売上に比例する莫大な利益を生み出す新薬をあらわす。

主に世界最大の医薬品市場であるアメリカ合衆国において繁用されてきた言葉であり、アメリカ合衆国の製薬企業がブロックバスターを開発することに力を注いできた背景がある。

目次

1 概要
2 代表的薬剤
3 量産の背景
4 問題点
5 ブロックバスターの現状
6 脚注
7 関連項目

概要

統一的な定義が存在するわけではないが、1剤で年商10億ドル(約1000億円)を超える新薬に対して用いられることが多く、欧州委員会でもこの立場を取っている[1]。

ボストン・コンサルティング・グループでは、ピーク時の世界での年間売上げ高が5億ドル以上の医薬品をブロックバスターと呼ぶと定義している[2]。

潤沢な研究開発費を投入し、技術革新の進歩も伴って、年商10億ドルを超える新薬は1990年代以降に急増し、それに伴う莫大な売上と利益を生み出したことによって、アメリカ合衆国の医薬品市場は、黄金時代を築いたといわれる。

代表的薬剤

世界の大型医薬品売上高トップ10の薬剤(2007年度)。
データはユート・ブレーン社の発表に基づく。

リピトール(136億ドル)…高脂血症治療薬
プラビックス(83億ドル)…抗血小板薬
セレタイド(71億ドル)…抗喘息薬
リツキサン(58億ドル)…非ホジキンリンパ腫薬
エポジエン(57億ドル)…腎性貧血薬
エンブレル(54億ドル)…関節リウマチ/乾癬薬
レミケード(52億ドル)…関節リウマチ/クローン病薬 
ネクシアム(52億ドル)…抗潰瘍薬
ディオバン(50億ドル)…降圧剤 
ジプレキサ(47億ドル)…統合失調症薬 

などが挙げられる。

これら以外で年商10億ドルを超える新薬の数は100を超える。

またリピトールは売り上げがあまりにも巨大であったため、開発元のワーナー・ランバート社はかえってファイザーに買収されてしまうことになった。

一剤が会社の存在よりもさえ大きくなり、会社ごと買収してもお釣りが来るほどに成長してしまったといえる。

ブロックバスターには一種のトレンド(売れ筋の薬効群)があり、高脂血症治療薬、高血圧治療薬が過去には上位を占めていたこともあったが、アメリカ合衆国では特許が切れると一気に後発品(ジェネリック医薬品)が発売され、新薬の売上げが大幅に減少する傾向が強いため、5〜10年単位で薬効群は大きく変化する。

近年はバイオ医薬品(抗体医薬)が主流となりつつある。

なお、日本の製薬企業が創出したブロックバスターとしては、アクトス(糖尿病薬)、ブロプレス(降圧剤)、プログラフ(免疫抑制剤)、クレストール(高脂血症薬)、アリセプト(アルツハイマー型認知症薬)や古くはカルシウム拮抗薬のヘルベッサー(ジルチアゼム塩酸塩)などが挙げられる。

日本の製薬会社が『発明した』ブロックバスターは、世界一の売上高を誇る上記のリピトールや、メバロチン、リポバス、ローコール、リバロなどのHMG-CoA還元酵素阻害薬の基となったスタチン、上記9位のディオバンや、ブロプレス、ニューロタンなどのアンジオテンシンII受容体拮抗薬がある。

量産の背景

ブロックバスターが1990年代以降に量産された背景には、アメリカ合衆国の新薬承認制度の緩和と積極的な宣伝活動が貢献したとされる。

日本の新薬承認制度とは異なり、アメリカ合衆国の新薬承認はかなり早く、平均して1年程度で審査が終わるという迅速な審査を行う。

この迅速な審査は1992年に制定されたユーザー・フィー制度の導入によって実現された。

これは、有効な薬をより早く患者の元へ届けることを狙ったものである。

また、新薬の効果としても、従来発売されていた薬と比較して、少しでも優秀であれば新薬として承認されるという比較的緩やかな基準を元に新薬が発売されていた。

こういった制度の緩やかさを背景に、巨大な市場を作ったブロックバスターが続出することとなる。

さらに、ブロックバスター発売後も、各企業は情報宣伝活動に力を入れ、新たな治療分野を築いてきた。

日本では禁止されている医療用医薬品のTVCMや広告などもアメリカでは認可されており、消費者(患者)に頻繁に新薬の魅力を訴え続ける戦略を展開していた。

発売後も継続的に巨額の広告費を投じることによって、ブロックバスター化させるというビジネスモデルも作られ、必然的に投入する資金に余裕のある大企業がブロックバスターを多く抱えるという結果となった。

こういった広告宣伝費に力を入れた結果、それまでは病気だと思われていなかった症状(高血圧や高脂血症など)が重要な病気として認識され、患者数が増えるという効果も生み出した。

その結果、ブロックバスターがますます使用され、ますます売上を伸ばすという循環を生み出した。

問題点

ブロックバスター開発の大きな転機となったのは、バイオックスの副作用問題からといわれる。

バイオックスはアメリカのメルク社が次世代のブロックバスターとして力を入れていた鎮痛剤で、発売からわずか5年で年商25億ドルを突破したブロックバスターとなっていた。

しかし、発売後に行われた追加の臨床試験によって、バイオックスを服用した患者は服用しない患者と比較して、心疾患のリスクが2倍以上になるという予期しない結果が発表され、2004年に市場から回収、発売中止となった。

バイオックスは安全で画期的な薬だとして、発売していた企業が大規模な広告戦略を展開していたため、この発表にアメリカ中が騒然となり、一種の薬害としてアメリカ全土を巻き込む社会問題となった。

FDA(アメリカ食品医薬品局)によると、服用によって2万人以上が心臓発作や死亡につながったとされ、8万〜13万人が何らかの障害を受けたのではないかと説明している。

この副作用問題は2万件以上もの集団訴訟が提訴され、アメリカの製薬業界は薬の効果よりも自社の利益を優先してきたのではないかと批判され、新薬の承認を審査するFDAに対しても、承認審査が甘かったのではないかという批判が行われた。

また、同様の薬は他にもあるのではないかという大々的な報道も行われ、バイオックス以外のブロックバスターも発売中止や重大な注意喚起が行われるという事態に発展した。

ブロックバスターの現状

バイオックスの副作用問題発覚以降、FDAは新薬の承認に対してより厳格な姿勢を見せ、製薬企業も新薬開発により慎重になったといわれる。

2006年には、年商200億ドル以上の超大型医薬になると期待された、ファイザーのトルセトラピブ(コレステリルエステル転送タンパク質阻害薬、いわゆる善玉コレステロールを増やす)の開発が中断となり、大きな衝撃を与えた。

また新薬開発の標的となるタンパク質も枯渇傾向にあり、今後ブロックバスターとなるほどの新薬はますます出にくくなるのではという見方が強い。

現在の多くのブロックバスターは2010年前後に一斉に特許切れを迎えることになっており、製薬会社の収益が一気に悪化することが懸念されている。

これを2010年問題と呼び、各社は対応に追われているのが現状である。

そのため、未だ有効な治療薬がない分野や患者の治療満足度が低い分野に対して注力して研究開発することが重要であるといわれている。

このような治療薬が無い、あるいは有効な治療薬が強く望まれている治療領域をアンメッド・メディカル・ニーズ(Unmet Medical Needs)と呼ぶことがあり、癌やアルツハイマー病、アレルギー疾患などの充分な治療薬がない分野への新薬の投入が望まれている。

一例として、アンメット・メディカル・ニーズと言われていた2型糖尿病治療薬に対して、アメリカのメルク社が開発、発売したDPP-W阻害薬(商品名;ジャヌビア)は、発売後順調に売上げを伸ばし、ブロックバスターの仲間入りを果たしている。

アンメット・メディカル・ニーズの薬は、それまで有効な治療薬がなかった分野であるため、有効な治療薬が発売されれば即第一選択薬となり、わずかな間でブロックバスターとなりうる事をDPP-4阻害薬の好例は示している。

脚注

^ Pharmaceuticals Sector Inquiry Preliminary Report 2008年11月28日
^ Rising to the Productivity Challenge2004年7月

関連項目

医薬品/製剤/製薬/治験/創薬
メルク(Merck & Co., Inc.)
メルク(Merck KGaA)
バイアグラ/ファイザー
副作用
医療訴訟
執筆の途中です この項目「ブロックバスター (医薬品)」は、薬学に関連した書きかけの項目です。
加筆・訂正などをして下さる協力者を求めています(ポータル 医学と医療/ウィキプロジェクト 薬学)。

カテゴリ: 医薬品



ブロックバスター (医薬品) - Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/ブロックバスター_(医薬品)



一般用医薬品

(大衆薬から転送)

医療に関する記事については免責事項もお読みください。

一般用医薬品(いっぱんよういやくひん)とは、医師による処方箋を必要とせずに購入できる医薬品のことである。

目次

1 概要
2 分類
2.1 第一類医薬品
2.1.1 第一類医薬品の例
2.1.2 スイッチOTC
2.1.3 ダイレクトOTC
2.2 第二類医薬品
2.3 第三類医薬品
3 種類と使用される有効成分
4 主なブランド
4.1 内服薬
4.1.1 風邪薬
4.1.2 鼻炎薬
4.1.3 のどの薬(鎮咳・去痰薬・含嗽剤)
4.1.4 頭痛薬
4.1.5 胃腸薬(健胃薬)
4.1.6 整腸薬
4.1.7 瀉下薬(便秘薬)
4.1.8 止瀉薬
4.1.9 ビタミン含有保健薬(ドリンク剤)
4.1.10 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤)・ビタミン主薬製剤
4.1.11 カルシウム含有保健薬(カルシウム剤)・カルシウム主薬製剤
4.1.12 鎮暈薬(酔い止め薬)
4.1.13 睡眠改善薬
4.1.14 眠気防止薬
4.1.15 鎮静薬
4.1.16 利尿改善薬
4.1.17 高コレステロール改善薬
4.1.18 しみ(肝斑に限る)改善薬
4.1.19 ぎょう虫駆除剤
4.1.20 婦人薬
4.1.21 内服男性ホルモン剤
4.1.22 催淫剤
4.1.23 滋養強壮剤
4.1.24 内服抗アレルギー用薬
4.1.25 強心剤
4.1.26 薬用酒
4.1.27 漢方薬
4.2 外用薬
4.2.1 塗り薬(塗布剤)
4.2.1.1 水虫治療薬
4.2.1.2 鎮痒消炎薬(かゆみ止め、虫さされ・かゆみ・あせもなど)
4.2.1.3 傷薬(殺菌消毒薬)
4.2.1.4 皮膚疾患治療薬(ただれなど)
4.2.1.5 おでき、とびひの治療薬
4.2.1.6 にきびの治療薬
4.2.1.7 医薬品ハンドクリーム
4.2.1.8 痔治療薬
4.2.1.9 ひび、あかぎれ治療薬
4.2.1.10 歯槽膿漏治療薬
4.2.1.11 口唇炎、口角炎、口内炎治療薬
4.2.1.12 膣カンジダ再発治療薬
4.2.1.13 口唇ヘルペス再発治療薬
4.2.1.14 発毛促進薬・発毛剤
4.2.1.15 歯痛薬
4.2.1.16 魚の目治療薬
4.2.1.17 手指・皮膚消毒剤
4.2.1.18 シラミ駆除剤
4.2.2 外用消炎鎮痛剤
4.2.2.1 肩凝り、腰痛の薬
4.2.2.2 魚の目治療薬
4.2.2.3 禁煙補助剤
4.2.2.4 口内炎治療薬
4.2.2.5 鎮痒消炎薬(かゆみ止め、虫さされ・かゆみ・あせもなど)
4.2.2.6 医薬品救急絆創膏
4.2.2.7 皮膚消毒綿
4.2.3 目薬(点眼薬)
4.2.4 鼻薬(点鼻薬)
4.2.5 坐薬
4.2.5.1 浣腸
4.2.5.2 痔疾治療薬
4.2.5.3 便秘治療薬
4.2.5.4 解熱鎮痛剤
4.2.5.5 避妊用膣錠
4.2.5.6 膣カンジダ再発治療薬
4.3 治療を主目的としない医薬品
4.3.1 一般用検査薬
4.3.1.1 尿試験紙
4.3.1.2 妊娠検査薬
4.3.1.3 排卵日検査薬
4.3.1.4 血糖自己測定器用電極・試薬
4.3.2 公衆衛生用剤
4.3.2.1 医薬品殺虫剤
4.3.2.2 医薬品虫よけスプレー
4.3.2.3 哺乳びん消毒液
4.3.2.4 防疫用消毒剤
4.3.2.5 電話消毒薬
5 関連項目
6 脚注
7 外部リンク

概要

一般用医薬品承認審査合理化等検討会の中間報告書[1]によると、一般用医薬品とは、「一般の人が、薬剤師等から提供された適切な情報に基づき、自らの判断で購入し、自らの責任で使用する医薬品であって、軽度な疾病に伴う症状の改善、生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防、生活の質の改善・向上、健康状態の自己検査、健康の維持・増進、その他保健衛生を目的とするもの」と定義されている。

十分な説明や情報を示した上で、消費者が自ら簡単な治療を行うというセルフメディケーションの方向性が提唱されている。

大衆薬、市販薬、家庭用医薬品などとも呼ばれる。また、金融業界のOTC取引(Over The Counter)をもじって、OTC医薬品ともよばれる。

薬事法上は、長らく医療用医薬品以外の医薬品として扱われていたが、2006年の薬事法改正(2009年6月1日施行)により、「医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであって、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの」と定義された。

よって購入に際しては薬剤師や登録販売者の助言と指導を受けることが望ましい。

価格競争などにより、業界の流れとして、大衆薬事業の縮小・撤退の動きや、逆に撤退する他社事業の受け入れによる事業強化を目指す方向に二分化している。

ファイザーの一般用医薬品→ジョンソン・エンド・ジョンソン
ゼファーマ(山之内製薬・藤沢薬品工業)→第一三共ヘルスケア
中外製薬→ライオン(なお、外用鎮痛消炎薬の「ゼノール」は大鵬薬品工業、解熱鎮痛薬「サリドン」の製造は販売元だったゼファーマ(現・第一三共ヘルスケア)へ)
大日本製薬(現・大日本住友製薬)→興和
三菱ウェルファーマ(現・田辺三菱製薬)→佐藤製薬
住友製薬ヘルスケア(現・大日本住友製薬)→ダンヘルスケア(大日本除虫菊(金鳥)グループ)

また、エスエス製薬(久光製薬に譲渡)のように医療用医薬品部門を売却し、OTC製造販売に一本化した企業も見られる。

分類

2009年施行の改正薬事法[2]により、
一般用医薬品は主に消費者に対する情報提供の必要性の程度によって第一類、
第二類、第三類の3種に分けられることになった。

なお、一部の医薬品は医療用医薬品の認可のまま流通していたが、
薬事法改正により医療用医薬品は店舗販売業の店舗では販売できなくなるため、
一般用医薬品としてリニューアルしたものもある(ベトネベート・フルコートなど)。

なお、商品外箱などに医薬品の分類を記載する場合は、
「第1類医薬品」というように算用数字を用いることが薬事法施行規則[3]に定められている。

第一類医薬品

その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうち、
特に注意が必要なものや、新規の医薬品。

後述するスイッチOTCやダイレクトOTCが該当する。

販売できるのは薬剤師の常駐する店舗販売業や薬局のみである。

薬剤師が手渡しし、商品内容や利用法について文書で購入者に説明する義務がある。

その為、全ての製品において、
広告では「この医薬品は、薬剤師から説明を受け、
使用上の注意をよく読んでお使いください」と表示される
(ただし、第一類医薬品の風邪薬においては表示内容が一部異なる)。

このため、通信販売での入手は原則不可となっている。

第一類医薬品の例

()内は主な製品名である。

再審査期間(4年)に1年を加えた期間中のもの

しみ(肝斑)改善薬:トラネキサム酸(トランシーノ) - ただし、抗炎症成分としての内用ならびに外用はその限りではない
最審査期間(8年)に1年を加えた期間中のもの
静脈血流改善薬:赤ブドウ葉乾燥エキス
製造販売後調査期間(3年)に1年を加えた期間中のもの
口唇ヘルペス治療薬:アシクロビル(アクチビア軟膏・ヘルペシア軟膏)、ビダラビン(アラセナS)
第二世代抗ヒスタミン薬:ケトチフェン(ザジテンAL点眼薬・アイリスアレスト)、エメダスチン(アルガード抗アレルギーカプセル)、エピナスチン
去痰薬:アンブロキソール(パブロンエースAX・エスタックイブファイン)
血管収縮剤:オキシメタゾリン(ナシビンMスプレー)
抗コリン薬:フラボキサート(レディガードコーワ)
抗真菌薬:イソコナゾール(メンソレータムフレディCC)、ミコナゾール(メディトリート)、オキシコナゾール(オキナゾールL100・フェミニーナ膣カンジダ錠)、クロトリマゾール
禁煙補助剤:ニコチン(シガノンCQ・ニコチネルパッチ・ニコレットパッチ) - 貼付剤のみ
鎮痛消炎薬:ジクロフェナク(イブアウター・フェイタスZ・ボルタレンAC)、ロキソプロフェン(ロキソニンS(解熱鎮痛薬))
胃腸薬:トロキシピド(イノセアバランス)
ステロイド系抗炎症薬:ベクロメタゾン(ナザールAR<季節性アレルギー専用>・コンタック鼻炎スプレー<季節性アレルギー専用>)

毒劇薬の殺虫剤等

有機リン化合物:ジクロルボス(バポナ)

告示により指定されたもの

発毛剤:ミノキシジル(リアップ) - なお、同成分の5%含有製剤(リアップX5)は「再審査期間(4年)に1年を加えた期間中のもの」に該当する

H2ブロッカー:シメチジン(アルサメック錠)、ニザチジン(アシノンZ)、ファモチジン(ガスター10)、ラニチジン(アバロンZ)、ロキサチジン酢酸エステル(イノセアワンブロック)
強精強壮剤:ストリキニーネ、ジエチルスチルベストロール、テストステロン、メチルテストステロン、ヨヒンビン(ストルピンM)
抗コリン薬:チキジウム(ストパン)
気管支拡張薬:アミノフィリン(強力アスメトン)、テオフィリン(アネトンせき止め顆粒・ミルコデ錠A)

副腎皮質ホルモン:トリアムシノロン - 口腔内軟膏剤のみ

ただし、認可当初は第一類医薬品となっていた成分のうち、以下に関しては後に厚生労働省の通知により、リスク区分が変更となっている。

2009年12月24日:第二世代抗ヒスタミン薬のケトチフェンを有効成分とする点鼻薬(ザジテンAL鼻炎スプレー、パブロン点鼻Z)を「第二類医薬品」に変更。

2011年1月7日:
第二世代抗ヒスタミン薬のケトチフェンを有効成分とする内服薬(ザジテンAL鼻炎カプセル、パブロン鼻炎カプセルZ)とゼラスチン(ハイガード)、アデノシン三リン酸を有効成分とするエネルギー代謝改善薬(パニオンコーワ錠)を「第二類医薬品」に変更。
鎮痛消炎薬のケトプロフェンを含有する貼付薬(オムニードケトプロフェンパップ)、副腎皮質ホルモンのトリアムシノロンアセトニドを有効成分とする口腔内貼付剤(アフタッチA)、抗真菌薬のラノコナゾール(ウィンダム)を「指定第二類医薬品」に変更(なお、貼付剤以外は「第二類医薬品」となっていたケトプロフェンは剤形に関係なく「指定第二類医薬品」に揃えられた)。

スイッチOTC

これまで医師の処方箋によらなければ使用できなかった医療用医薬品の中から、
医療用として使用実績があり、
副作用の心配が少ないなどの要件を満たした医薬品を薬局などで処方箋なしに購入できるよう一般用医薬品へスイッチしたものをスイッチOTC薬という。

スイッチOTC薬自体の価格は一般に医療用のそれよりも高く健康保険も適用されないが、
医師の診察料、
検査料や処方せん料などが不要なため、
同一の薬剤を処方されるのであれば安く済む事も多く、
効果も医療用と同等で、診察や調剤の待ち時間がかからず利便性が高い。

医療用医薬品のスイッチOTC化の合理化を推進しようとしており、
既に抗真菌薬、
H2ブロッカー、
口唇ヘルペス治療薬や肝斑改善薬などがスイッチOTC化されている。

さらに今後は高コレステロール、高血圧、高血糖に使用する医薬品もスイッチOTC化することが検討されている[1]。

しかし、
医学的知識のない者による医薬品の自己使用は病状の悪化をもたらすこともあるので、
こうした一般用医薬品の使用は薬剤師などに相談の上、原則短期間に留め、
重症の際や服用しても症状がよくならない場合は、直ちに医療機関を受診することが勧められる。

ダイレクトOTC

国内において医療用医薬品としての使用実績がない医薬品をそのまま一般用医薬品として販売したものをダイレクトOTC薬という。

現在のところ発毛剤のリアップ(ミノキシジル)が該当する。

第二類医薬品

第一類医薬品以外で、その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品。

この中で特に注意を要するものを「指定第二類医薬品」とし(風邪薬・解熱鎮痛薬・水虫薬・痔疾用薬など)、商品パッケージの表示の「2」に丸や四角の枠で囲って表示している。

また風邪薬や解熱鎮痛剤以外の指定第二類医薬品の広告では、「使用上の注意をよく読んでお使いください」の前に「薬剤師・登録販売者に相談の上、」というメッセージが追加され、これまで注意喚起の表示がなかった製品の広告においても表示が義務付けられるようになった

(反対に、風邪薬・解熱鎮痛薬を除く「第二類医薬品」(「第三類医薬品」に分類される一般用医薬品も含む)については広告から「使用上の注意をよく読んでお使いください」の表示が無くなったケースもある)。

今日大半を占める一般用医薬品がこの第二類であり、薬剤師又は登録販売者が常駐する店舗のみで販売でき、極力購入者へ内容、成分、その他注意事項の簡明な説明が求められる(努力義務)。

なお、第二類医薬品および上記の第一類医薬品については、店頭での対面販売を原則とするため、ネット販売はもとより、電話やメールで相談した上での通信販売や、緊急時に薬剤師等が消費者宅へ直接届ける形の販売等も禁止である。

第三類医薬品

上記以外の一般用医薬品。医薬品であることには変わりなく、販売にあっては第二類医薬品と同様の規制を受けるが、購入者から直接希望がない限りは、商品説明に際して法的制限を受けない。また、唯一通信販売が可能である。

それ以外の医薬部外品(指定医薬部外品・防除用医薬部外品を含む)については、医薬品ではないので、一般小売業(コンビニ、スーパーなど)でも販売可能である。

種類と使用される有効成分

一般用医薬品の種類と有効成分へ分割。

主なブランド

ここに掲載されているのは、主要ブランドである。

内服薬

風邪薬

パブロン(大正製薬)
ルル、カコナール、プレコール、ペラック(第一三共ヘルスケア)
ベンザ(武田薬品工業)
エスタック(エスエス製薬)
ストナ(佐藤製薬)
コンタック(グラクソ・スミスクライン)
後藤散(うすき製薬)
ルックエス、救風(常盤薬品工業)
救心のかぜ薬(救心製薬)
カンボーエース(広貫堂)
ボナンザ(摩耶堂製薬)

改源(カイゲン)
コルゲン(興和)
ジキニン(全薬工業)
セピー(ゼリア新薬工業)
バファリン、アルペン(ライオン)
パイロン(塩野義製薬)
アスゲン(アスゲン製薬)
宇津こどもかぜ薬(宇津救命丸)
ガノン(ホーユー)
リリース(アルフレッサファーマ)


鼻炎薬

コルゲン(興和)
エージー、ルル、プレコール、カコナール(第一三共ヘルスケア)
スカイナー(エーザイ)
エスタック(エスエス製薬)
コンタック(グラクソ・スミスクライン)
セピー(ゼリア新薬工業)
ベンザ(武田薬品工業)
クニヒロ(皇漢堂製薬)
鼻炎チュアブル(浅田飴)
カイゲン(カイゲン)
パイロン(塩野義製薬)
ホノビエン(ホノミ漢方)

ストナリニ(佐藤製薬)
パブロン(大正製薬)
アルガード(ロート製薬)
ザジテンAL(ノバルティスファーマ)
オムニン(オール薬品工業)
ベルエムピ(クラシエ薬品)
アネトン(ジョンソン・エンド・ジョンソン)
ピタクイック(田辺三菱製薬)
ガノン(ホーユー)
ダン(ダンヘルスケア)
アラクス(アラクス)
「モリ」ちくのう錠(大杉製薬)


のどの薬(鎮咳・去痰薬・含嗽剤)

龍角散(龍角散)
ペラック、ブロコデ、アスメトン、ルル、トラフル(第一三共ヘルスケア)
エスタック、フステノン、ブロン(エスエス製薬)
南天のど飴(常盤薬品工業)
パブロン、アスクロン、ヴィックス(大正製薬)
コンタック、アストリンゴゾール(グラクソ・スミスクライン)
フツナロン(ジェーピーエス製薬)
セキピタン、のどぬーる(小林製薬)
バファリン、アルペン、キレイキレイ(ライオン)
ノドニトローチ(皇漢堂製薬)
後藤散(うすき製薬)
ケンエー(健栄製薬)
カイゲン(カイゲン)
コフチール(ヤクハン製薬)
コサジンガーグル(大洋製薬)

アネトン(ジョンソン・エンド・ジョンソン)
イソジン、明治Gトローチ(明治製菓)
浅田飴(浅田飴)
ストナ、トニン、チミコデ(佐藤製薬)
ネオシーダー(アンターク本舗)
コフチン(米田薬品)
ベンザ(武田薬品工業)
タイワケシノール(ムサシノ製薬)
コルゲン(興和)
漢方ノドロップ(田辺三菱製薬)
ペレックス(大鵬薬品工業)
コフダン(福地製薬)
コフト(日本臓器製薬)
アストフィリンS(エーザイ)


頭痛薬

バファリン、エキセドリン(ライオン)
ナロン、大正トンプク(大正製薬)
ノーシン、ハイタミン(アラクス)
セデス(塩野義製薬)
イブ(エスエス製薬)
ペレタック(大鵬薬品工業)
コンジスイとんぷく(丹平製薬)
新ノーソ(明治薬品)
フェリア(武田薬品工業)
メディフォース(ラクール薬品販売)

アンメルシン、ハッキリエース(小林製薬)
サリドン、ロキソニンS(第一三共ヘルスケア)
リングル、バイエルアスピリン(佐藤製薬)
ケロリン(内外薬品)
タイレノール(ジョンソン・エンド・ジョンソン)
クラライット(龍角散)
グレラン(あすか製薬)
ルッケル(資生堂薬品)
後藤散(うすき製薬)
ルメンタール(オール薬品工業)


胃腸薬(健胃薬)

ガスター10、第一三共胃腸薬、センロック、黒丸、タカヂア、新フジサワ胃腸薬(第一三共ヘルスケア)
タケダ胃腸薬ザッツ、タケダ漢方胃腸薬、ストレージ(武田薬品工業)
大正漢方胃腸薬、大正胃腸薬、アバロン、ストパン(大正製薬)
パンシロン、シロンS(ロート製薬)
サクロン、セルベール(エーザイ)
宇津救命丸(宇津救命丸)
エビオス(アサヒフードアンドヘルスケア)
胃健錠(龍角散)
恵命我神散(恵命堂)
ツムラ胃腸内服液(ツムラ)
新キーパーU(カイゲン)
チェロ(ダンヘルスケア)

スクラート胃腸薬、ストッパ(ライオン)
イノセア、ハイウルソ(佐藤製薬)
ソルマック(大鵬薬品工業)
キャベジン、キャベ2、液キャベ、アルタットA(興和)
ガストール、シグナル、ブスコパン(エスエス製薬)
ガロール(日水製薬)
太田胃散、太田漢方胃腸薬II(太田胃散)
ビオフェルミン(ビオフェルミン製薬)
ストマーゼ、ストマオフ、アシノンZ、ヘパリーゼ(ゼリア新薬工業)
コランチルA(塩野義製薬)
ユニー(小林薬品工業)
百草丸(長野県製薬)


整腸薬

ザ・ガード(興和)
ラクトーン(アサヒフードアンドヘルスケア)
ラッパ整腸薬(大幸薬品)
ガスピタン(小林製薬)
ミヤリサン(ミヤリサン製薬)
ストッパ(ライオン)

パンシロンN10(ロート製薬)
ビオフェルミン(ビオフェルミン製薬)
パンラクミン(第一三共ヘルスケア)
ヤクルトBL整腸薬(ヤクルト本社)
テスミン(佐藤製薬)
太田胃散整腸薬(太田胃散)


瀉下薬(便秘薬)

コーラック、大正漢方便秘薬(大正製薬)
スルーラック、マイラックスS(エスエス製薬)
カイベール(アラクス)
クリア、タケダ漢方便秘薬(武田薬品工業)
ミルマグ(エムジーファーマ)
マルツエキス(和光堂)
アロエ製薬便秘錠(アロエ製薬)
ベクニス(近江兄弟社)
日本薬局方センナ(本草製薬など)
3Aマグネシア(フジックス)
ナチュラート(興和)
健のう丸(丹平製薬)

ウィズワン(ゼリア新薬工業)
サトラックス、シーリズム(佐藤製薬)
スラーリア(ロート製薬)
七ふく(七ふく製薬)
複方毒掃丸、新ドクソウガンG(山崎帝國堂)
新サラリン(大塚製薬)
ビオフェルミン便秘薬(ビオフェルミン製薬)
快腹丸(久光製薬)
ビフィーナ(森下仁丹)
エバユーススリムF(第一三共ヘルスケア)
百毒下し(翠松堂製薬)
十方便秘薬(摩耶堂製薬)


止瀉薬

正露丸(大幸薬品など)
セイロガン糖衣A(大幸薬品)
ストッパ(ライオン)
大正下痢止め、ピタリット(大正製薬)
エクトール、タントーゼ(第一三共ヘルスケア)

ワカ末(クラシエ薬品)
テスミン(佐藤製薬)
セイドー(アラクス)
ビオフェルミン(ビオフェルミン製薬)
トメダイン(興和)


ビタミン含有保健薬(ドリンク剤)

リポビタン、ゼナ、アルフェ、アニマリン、エーベル(大正製薬)
エスカップ、エストロング、ジュフロータン、ハイアンプルエース、ハイチオール、ユースゲンキング(エスエス製薬)
チオビタ(大鵬薬品工業)
リゲイン、ハイアップ(第一三共ヘルスケア)
グロンサン、新グロモント、ペア(ライオン)
チョコラ(エーザイ)
リコリス、ドックマン(全薬工業)
宇津こどもドリンク(宇津救命丸)
マムシゲン、マムシグロン、マムシホルモ(坂本漢法製薬)
ストルピン、ビタノーゼ、バロネス(メイクトモロー)
マスチゲン(日本臓器製薬)
ユニー(小林薬品工業)
ビタローク(皇漢堂製薬)
ハイクタン(ツムラ)
パッショーネ(奥田製薬)
エゾエース(ヤクハン製薬)

アスパラ、ナンパオ(田辺三菱製薬)
ユンケル、ハイトス(佐藤製薬)
ピップ内服液、ダダン(ピップフジモト)
ヘルサン、ハイゼリー、ローヤルゼロント、ゼリアス、ヘパリーゼ(ゼリア新薬工業)
ビタシー、グロンビター、パスビタン、新ノーリツ(常盤薬品工業)
ビタタイム、ベルスカット、ロスミン(米田薬品)
スカール(大和合同製薬)
ミオD、キューピーコーワ(興和)
十王精(十王薬品)
ビルトン、セロラ、ムイラバ、ステラス(中外医薬生産)
若甦、レバコール(日邦薬品工業)
エナック(湧永製薬)
サロンパス(久光製薬)
ツービードリンク(クラシエ薬品)
ローヤルハイゼリン(ローヤル薬品工業)
ネオアルファ(ソーム)
りき精(田村薬品工業)


ビタミン含有保健薬(ビタミン剤)・ビタミン主薬製剤

アリナミン、アクテージ、ハイシー(武田薬品工業)
ハイチオール、エスファイト、キュティナ、マルチビタミンゴールドEX(エスエス製薬)
ポポン、シナール、ベリックス(塩野義製薬)
チョコラ、ナボリン、ホットミン、ユベラ、ユベラックス、ユベロン(エーザイ)
システィナ、ノイビタ、パント、エバユース、ビトン-ハイ、ヒヤク、リゲイン(第一三共ヘルスケア)
ビタレスト、フレックスパワー(ロート製薬)
アニマリン、サモン、ビノロン、リノックス(大正製薬)
キヨーレオピン、レオピンファイブ(湧永製薬)
コンクレバン(日水製薬)
オキソ、ビタタイム、ロスミン(米田薬品)
カワイ肝油ドロップ(河合製薬)
グロンサン、ペア(ライオン)
マスチゲン(日本臓器製薬)
ジーロップ、パンピンファイト(日本ビタミン化学)

コンドロイチンZS、ヘパリーゼ、ハイゼリー、強力ゼロント錠(ゼリア新薬工業)
キューピーコーワ、パニオン(興和)
アスパラメガ、ナンパオ(田辺三菱製薬)
アスコル、ビタミネン、ビハク、ユンケル(佐藤製薬)
アンメルシン、シビラック、ナリピタン、ファイチ(小林製薬)
ホワイシス(資生堂薬品)
ドックマン(全薬工業)
強力わかもと(わかもと製薬)
トリーティア(摩耶堂製薬)
赤まむし末、マムシホルモ、マムピン(阪本漢法製薬)
パパーゼリー(大木製薬)
エースアリナグロン、パスビタン(常盤薬品工業)
ネオビタミン、ビタローク(皇漢堂製薬)
トコロール(あすか製薬)


カルシウム含有保健薬(カルシウム剤)・カルシウム主薬製剤

カルシチュウ(第一三共ヘルスケア)
タチカワ電解カルシウム(山崎帝國堂)
ワダカルシューム錠(ワダカルシウム製薬)

カタセ(全薬工業)
ゼリアカルシウム液(ゼリア新薬工業)
ネオカルシューム錠(皇漢堂製薬)


鎮暈薬(酔い止め薬)

センパア(大正製薬)
トラベルミン(エーザイ)
アネロン(エスエス製薬)
ポード(森下仁丹)

パンシロントラベル(ロート製薬)
エアミット(佐藤製薬)
トリブラ(大木製薬)
タケダ乗り物酔い止め(武田薬品工業)


睡眠改善薬

ドリエル(エスエス製薬)
ドリーミオ(資生堂薬品)
ネオデイ(大正製薬)
ヨネール(米田薬品)
ハルナー(浅田飴)

グ・スリーP(第一三共ヘルスケア)
ナイトール(グラクソ・スミスクライン)
プロリズム(カイゲン)
デイトナS(オール薬品工業)
マイレストS(佐藤製薬)


眠気防止薬

アオーク(大正製薬)
カフェロップ(第一三共ヘルスケア)
トメルミン(ライオン)
オールP(オール薬品工業)
エスタロンモカ(エスエス製薬)

カフェクール(アラクス)
カーフェ(エーザイ)
ハイエナル(米田薬品)
タウロポン(ピップフジモト)


鎮静薬

イララック(小林製薬)
パンセダン(佐藤製薬)
ホスロール、ノイ・ホスロール(救心製薬)

メンテック(エーザイ)
レスティ(大正製薬)
奥田脳神経薬(奥田製薬)


利尿改善薬

サモン(大正製薬)
ハルンケア(大鵬薬品工業)
八味地黄丸(クラシエ薬品)
腎仙散(摩耶堂製薬)

ユリナール(小林製薬)
ジェントスルー、レディガード(興和)
ベアベリックス(エスエス製薬)


高コレステロール改善薬

ユンゲオール(第一三共ヘルスケア)
ドルチトール(小林製薬)
コレストン(久光製薬)

コレステガード(エスエス製薬)
スラピット(サラヤ)
スリムノール(浅田飴)


しみ(肝斑に限る)改善薬

トランシーノ(第一三共ヘルスケア)


ぎょう虫駆除剤

パモキサン(佐藤製薬)


その他漢方製剤など

婦人薬

命の母(小林製薬)
ルビーナ(武田薬品工業)

中将湯、ラムールQ(ツムラ)
塩釜さふらん湯(大鵬薬品工業)


内服男性ホルモン剤

金蛇精(摩耶堂製薬)
プリズマ(原沢製薬工業)

バロネス(メイクトモロー)


催淫剤

ストルピン(メイクトモロー)
トンプク(あかひげ薬局)

マヤ金蛇精(摩耶堂製薬)


滋養強壮剤

フローミン、ロックミン(武田薬品工業)
サモン(大正製薬)
ヒヤク(第一三共ヘルスケア)
ササヘルス(大和生物研究所)

人参四物湯(エスエス製薬)
オットビン(メイクトモロー)
ビタモエム(森田薬品工業)


内服抗アレルギー用薬

小粒タウロミン、レスタミン(興和)
アレルギール(第一三共ヘルスケア)
スラジン(佐藤製薬)
セピーアレノール(ゼリア新薬工業)

スカイナー、ハイガード(エーザイ)
ポジナール(ノーエチ薬品)
アルガード(ロート製薬)
リリース(アルフレッサファーマ)


強心剤

救心(救心製薬)
六神丸(救心製薬など)

ユビテンS(エーザイ)


薬用酒

薬用養命酒(養命酒製造)

薬用陶陶酒(陶陶酒本舗)


漢方薬

コッコアポ、カンポウ専科、漢方セラピー(クラシエ薬品)
ナイシトール85、漢方ナイトミン、チクナイン、ビスラットゴールド(小林製薬)
モリ(大杉製薬)

和漢箋(ロート製薬)
エスタック漢方(エスエス製薬)
救心漢方(救心製薬)


その他ツムラ、クラシエ薬品、小太郎漢方製薬など。

外用薬

塗り薬(塗布剤)

水虫治療薬

ラミシール(ノバルティスファーマ)
ダマリン(大正製薬)
トークール(杏林製薬)
ブテナロックV(久光製薬)
スコルバ(武田薬品工業)
ラマストン(佐藤製薬)
アスター(丹平製薬)

ウィンダム、ピロエース(第一三共ヘルスケア)
タムシチンキ、タムチンキ(小林製薬)
メンソレータムエクシブ(ロート製薬)
コザック(全薬工業)
新ビホナエース(山崎帝國堂)
エフゲン(大源製薬)


鎮痒消炎薬(かゆみ止め、虫さされ・かゆみ・あせもなど)

ムヒ、ムヒソフト、デリケア、ケアレケア(池田模範堂)
ウナコーワ、レスタミン(興和)
エピアマート(杏林製薬)
キンカン(金冠堂)
オイラックス、アレルギール、マキロン(第一三共ヘルスケア)
ラナケイン、フェミニーナ、アセモア(小林製薬)
ムシイチ(常盤薬品工業)
ジュラール(ゼリア新薬工業)
ユースキンi(ユースキン製薬)
桃の葉の薬(千金丹ケアーズ)

メンソレータムフレディ、メンソレータムAD(ロート製薬)
テレスHi(ジョンソン・エンド・ジョンソン)
タクト、ポリベビー(佐藤製薬)
ウレパール(大鵬薬品工業)
メンターム(近江兄弟社)
イーメン(大正製薬)
新スキンセーフ(エスエス製薬)
フェルゼアDX、モスフィー(資生堂薬品)
カユミール、ハイカユミー(ジャパンメディック)
カユピタック(祐徳薬品工業)


傷薬(殺菌消毒薬)

マキロンs、キシロ(第一三共ヘルスケア)
イソジン(明治製菓)
オロナイン(大塚製薬)
サニアクリーン(ゼリア新薬工業)
スキネード、ホルム(大洋製薬)
オゾ(明治薬品)
ケンエーシロチン(健栄製薬)
サイレンQ(雪の元本店)

新キズドライ、キズアワワ(小林製薬)
キップパイロール(佐藤製薬)
マッキン、リバガーゼ(玉川衛材)
メモ(エスエス製薬)
新カットバン(祐徳薬品工業)
キズリバエース(共立薬品工業)
ホルムスドライ(福地製薬)


皮膚疾患治療薬(ただれなど)

オイラックス、アレルギール、ベトネベート(第一三共ヘルスケア)
セロナ、セロトピー(佐藤製薬)
ロバック(武田薬品工業)
ワーボンプラス(田辺三菱製薬)
雪の元(雪の元本店)

プレバリン、モデフール(ゼリア新薬工業)
リビメックス(興和)
メンソレータムメディクイック、メンソレータムAPソフト(ロート製薬)
エマゼン(大正製薬)


おでき、とびひの治療薬

オロナイン(大塚製薬)
フルコート(田辺三菱製薬)
テラ・コートリル、テラマイシン、テラコー(ジョンソン・エンド・ジョンソン)
ドルマイシン、ドルマイコーチ(ゼリア新薬工業)

クロマイ、クロロマイセチン、ベトネベート(第一三共ヘルスケア)
マーレン(大正製薬)
ポリ(佐藤製薬)
紫雲膏(クラシエ薬品)


にきびの治療薬

クレアラシル(レキットベンキーザー・ジャパン)
メンソレータムアクネス、メンソレータムアクネージア(ロート製薬)
ビフナイト、フキディア(小林製薬)
アクネペール、エスカメル(佐藤製薬)
アンナザルベ・エース(エスエス製薬)
フレッシング(久光製薬)

ペアアクネ(ライオン)
アポスティー(ゼリア新薬工業)
オードムーゲ(日邦薬品工業)
メンターム(近江兄弟社)
クムメル(大和製薬)
ピンプリット(資生堂薬品)


医薬品ハンドクリーム

ケラチナミン(興和)
メンソレータム(ロート製薬)
メンターム(近江兄弟社)
ユースキン(ユースキン製薬)

ワムナール(ゼリア新薬工業)
フェルゼア(資生堂薬品)
チョコラザーネ、ユベラリッチ(エーザイ)
ウレアクリーム(第一三共ヘルスケア)


痔治療薬

ボラギノール(天藤製薬)
プリザ(大正製薬)
サノーラ、サラシュット(第一三共ヘルスケア)
不思議膏(ヒサヤ大黒堂)

リナロン、ジーフォーL(佐藤製薬)
メンソレータムリシーナ(ロート製薬)
ザッスル(中外医薬生産)
雪の元ヂナンコー(雪の元本店)


ひび、あかぎれ治療薬

間宮アロエ軟膏a(アロエ製薬)
メンソレータム(ロート製薬)
メンターム(近江兄弟社)
ヒビケア(池田模範堂)
ベルクリーン(クラシエ薬品)
グリセリンカリ液(阪神局方など)

サカムケア(小林製薬)
コロスキン(東京甲子社)
リュウバンS(大木製薬)
エキバンA(タイヘイ薬品)
ユースキン(ユースキン製薬)
プロペトホーム(丸石製薬)


歯槽膿漏治療薬

アセス(佐藤製薬)
デントヘルス(ライオン)
生葉液薬(小林製薬)

新デスパ(興和)
三宝はぐきみがき(三宝製薬)
ラカルトメディクリーン(エスエス製薬)


口唇炎、口角炎、口内炎治療薬

大正口内軟膏、レビオ(大正製薬)
モアリップ(資生堂薬品)
口腔用ケナログ(ブリストル製薬)

サトウ口内軟膏(佐藤製薬)
メンソレータムメディカルリップ(ロート製薬)
トラフル(第一三共ヘルスケア)


膣カンジダ再発治療薬

フレディCC(ロート製薬)

メディトリート(大正製薬)


口唇ヘルペス再発治療薬

アクチビア(グラクソ・スミスクライン)
アラセナS(佐藤製薬)

ヘルペシア(大正製薬)


発毛促進薬・発毛剤

リアップ(大正製薬)

カロヤン(第一三共ヘルスケア)


歯痛薬

新今治水、コンジスイQ(丹平製薬)

魚の目治療薬

イボコロリ、ウオノメコロリ(横山製薬)

スピール液(ニチバン)


手指・皮膚消毒剤

イソジン(明治製菓)
ヒビスコール(サラヤ)
パブロン(大正製薬)

消毒用エタプラス(健栄製薬)
オスバン(日本製薬)
ホームウエルパス(丸石製薬)


シラミ駆除剤

スミスリン(大日本除虫菊)

外用消炎鎮痛剤

ここでの「外用消炎鎮痛剤」とは貼付剤・ハップ剤、塗布剤などをさす。

肩凝り、腰痛の薬

サロンパス、サロンシップ、フェイタス(久光製薬)
ハリックス(ライオン)
パテックス、フジパップ、キュウメタシン、漢方中黄膏パップ(第一三共ヘルスケア)
パスタイム(祐徳薬品工業)
バンテリン(興和)
ゼノール、ザハップ(大鵬薬品工業)
貼るアクテージ(武田薬品工業)
タイガーバーム(龍角散)
イブアウター、インサイド(エスエス製薬)
点温膏K(クラシエ薬品)
カルテパ(ダンヘルスケア)
ラクスキット(リブ・ラボラトリーズ)
ホルキス(テイコクファルマケア)
メンターム(近江兄弟社)
パスマンハップ(大石膏盛堂)

トクホン(トクホン)
メンフラ、ジクロテクト(大正製薬)
サロメチール(佐藤製薬)
アンメルシン、アンメルツ(小林製薬)
メンソレータムラブ、アイスラブ(ロート製薬)
ロイヒ(ニチバン)
ナボリン(エーザイ)
ボルタレンAC(ノバルティスファーマ)
アクテオン(池田模範堂)
おきゅ膏、ヘパリンZ(ゼリア新薬工業)
リズミカールN(ジャパンメディック)
インペタン、ラクペタン(ラクール薬品販売)
ディアトロン(ピアック)
クレスト(キンエイクリエイト)


魚の目治療薬

イボコロリ(横山製薬)
コーンプラスター(興和)
トリクロ(原沢製薬工業)

スピール膏(ニチバン)
ウオノメバン(阿蘇製薬)
ウオノメトール(エスエス製薬)


禁煙補助剤

シガノンCQ(大正製薬)
ニコチネル(ノバルティスファーマ)

ニコレット(武田薬品工業)


口内炎治療薬

アフタッチ(佐藤製薬)

口内炎パッチ(大正製薬)


鎮痒消炎薬(かゆみ止め、虫さされ・かゆみ・あせもなど)

マキロン(第一三共ヘルスケア)

ムヒパッチ(池田模範堂)


医薬品救急絆創膏

エースバン(阿蘇製薬)
プッシュバン(日本臓器製薬)
リバテープ(リバテープ製薬)

キズリバテープ(共立薬品工業)
新カットバン(祐徳薬品工業)


皮膚消毒綿

ワンショット(白十字)

目薬(点眼薬)

V・ロート、ロートジー、ロートリセ、ロートCキューブ、ロートアルガードなど(ロート製薬)
サンテ40、サンテFX、サンテドウ、サンテALクール、サンテビオなど(参天製薬)

スマイル(ライオン)
アイリス(大正製薬)
マイティア(千寿製薬)
エージーアイズ、アイルック(第一三共ヘルスケア)
ザジテンAL(ノバルティスファーマ)
アイブルー(カイゲン)
ブリンクアンドクリーン、コンプリートコンタクト(エイエムオー・ジャパン)
ドラマ、ノアール(佐藤製薬)
ティアメート(わかもと製薬)

バイシン(ジョンソン・エンド・ジョンソン)
眼涼(久光製薬)
スマートアイ、アスパラ(田辺三菱製薬)
アイボン(小林製薬)
エーゼット、エスビアン、ビュークリア(ゼリア新薬工業)
メニコンルイ(メニコン)
ティアーレ(オフテクス)
スマリン(エスエス製薬)
ギャロップ(ダンヘルスケア)


鼻薬(点鼻薬)

エージーノーズ、ルル(第一三共ヘルスケア)
パブロン(大正製薬)
ザジテンAL(ノバルティスファーマ)
セピー(ゼリア新薬工業)
リズミカール(ジャパンメディック)
コンタック(グラクソ・スミスクライン)
アンスノール(エスエス製薬)

アルガード(ロート製薬)
コールタイジン、アネトン(ジョンソン・エンド・ジョンソン)
カイゲン(カイゲン)
ナザール(佐藤製薬)
ソーム(ソーム)
スカイナー(エーザイ)


坐薬

浣腸

イチジク浣腸(イチジク製薬)
ミニカ(佐藤製薬)

ケンエー・浣腸(健栄製薬)
ローヤル浣腸(ローヤル薬品工業)


痔疾治療薬

ボラギノール(天藤製薬)
プリザ(大正製薬)
新雪の元(雪の元本店)

サノーラ(第一三共ヘルスケア)
リナロン、ジーフォーL(佐藤製薬)


便秘治療薬

コーラック坐薬タイプ(大正製薬)

レシカルボン(ゼリア新薬工業)


解熱鎮痛剤

アルピニー(エスエス製薬)
アニルーメS(佐藤製薬)

パブロン(大正製薬)
宇津こども解熱坐薬(宇津救命丸)


避妊用膣錠

ネオサンプーンループ錠(エーザイ)

膣カンジダ再発治療薬

メンソレータムフレディCC(ロート製薬)
オキナゾールL100(田辺三菱製薬)

メディトリート(大正製薬)
フェミニーナ(小林製薬)


治療を主目的としない医薬品

一般用検査薬

尿試験紙

ウリエース(テルモ)
テス・テープ(塩野義製薬)

ウロペーパー(栄研化学)


妊娠検査薬

ドゥーテスト(ロート製薬)
クリアブルー(オムロンヘルスケア)

チェックワン(アラクス)
P-チェックS(ミズホメディー)


排卵日検査薬

ドゥーテスト(ロート製薬)

チェックワン(アラクス)


血糖自己測定器用電極・試薬

ドゥーテスト(ロート製薬)

メディセーフ(テルモ)


公衆衛生用剤

医薬品殺虫剤

アースレッド、医薬品ゴキジェットプロ、バポナ(アース製薬)
キンチョウジェット、金鳥ULV乳剤、金鳥スミチオン(大日本除虫菊)
フォグロン(フマキラー)
アース・スミラブ(アース・バイオケミカル)
殺虫プレート(中山工業)

バルサン(ライオン)
シントー(住化エンビロサイエンス)
パナプレート(国際衛生)
ヤクレット(エスエス製薬)
ザーテル(三井化学アグロ)


医薬品虫よけスプレー

医薬品サラテクト(アース製薬)

ムシペール(池田模範堂)


哺乳びん消毒液

ミルトン(杏林製薬)
ピュリファン(健栄製薬)

ミルクポン(ピジョン)


防疫用消毒剤

ピューラックス(オーヤラックス)
ネオクロール(四国化成工業)
エフゲン(阿蘇製薬)

日曹ハイクロン(日本曹達)
トヨクロン(東ソー)


電話消毒薬

電話消毒薬(電通セントラル)



一般用医薬品 - Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/大衆薬



心理療法の一覧

心理学
ギリシア文字(プサイ)

歴史 · 分野
基礎心理学

異常 · 生物
認知 · 発達
比較 · 文化
実験 · 進化
数理 · 人格
社会
応用心理学

臨床 · 消費者
教育 · 健康
組織 · 産業
法 · 労働衛生
政治 · 学校
スポーツ · 軍事
一覧

心理療法

心理療法の一覧(しんりりょうほうのいちらん、英: List of psychotherapies)は、心理療法の各理論・各技法の名称を一覧としたものである。

療法一覧

下記の療法の全てに、直ちに効果が期待できるわけではない。
臨床的結果が十分でないもの、科学的な根拠が明らかでないもの等も含まれているため、利用の際には注意を要する。

EFT
EMDR(眼球運動による脱感作と再処理)
Systematic Treatment Selection(STS)
アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)
エネルギー療法
エンカウンターグループ
カップル・セラピー
クリエイティヴ・セラピー
グリーフ・セラピー
グループ・アプローチ
ゲシュタルト療法
コラージュ療法
サイコドラマ
ソリューションフォーカストアプローチ
ダンスセラピー
ドラマセラピー
ナラティブセラピー
ハコミ療法
バイオフィードバック
パーソナルコンストラクト理論(PCT)
フェミニスト・セラピー
フォーカシング
プライマル・スクリーム
プレイバックシアター
プロセス指向心理学
ポジティブ心理学
マインドフルネス認知療法(MBCT)
メンタライゼーションに基づく治療(MBT)
ロゴセラピー
交流分析
人間性心理学
催眠療法(ヒプノセラピー)
児童心理療法
内観療法
再評価カウンセリング
分析心理学
刺激療法(Provocative Therapy)
力動的精神療法
回復記憶療法
回想法
多面的療法
実存療法
家族療法
対人関係療法
対象関係論
弁証法的行動療法(DBT)
思考場療法(TFT)
曝露反応妨害法(ERP)
曝露療法
来談者中心療法
森田療法
植物神経療法
機能分析心理療法(FAP)
現存在分析
現実療法
相互カウンセリング
短期力動精神療法
短期療法(ブリーフセラピー)
社会療法
神経言語プログラミング
箱庭療法
精神分析学(力動的心理学・深層心理学)
系統的脱感作
統合的心理療法
絵画療法(芸術療法) - 例…ライフシンボル
絶叫療法
臨床動作法
自己間関係理論
自律訓練法
行動療法
表現療法
親子のための相互交流療法(PCIT)
認知療法
認知行動療法(CBT)
論理療法(合理情動療法、理性感情行動療法)
身体心理学(身体心理療法)
転移焦点化精神療法(TFP)
遊戯療法
長時間曝露療法(PE)
集団精神療法・集団療法
非暴力コミュニケーション
音楽療法
動機づけ面接

心理学

歴史 · 心理学者

基礎心理学

異常 · 感情科学 · 感情神経科学 · 生物 · 認知 · 認知神経科学 · 比較 · 文化 · 発達 · 進化 · 実験 · 数学 · 人格 · ポジティブ · 心理言語学 · 精神物理学 · 精神生理学 · 社会 · 理論

Psi

応用心理学

アセスメント · 臨床 · カウンセリング · 消費者 · 教育 · 裁判 · 健康 · 組織 · 産業 · 法 · メディア · 医療 · 軍事 · 労働衛生 · 政治 · 心理統計学 · 学校 · スポーツ · システム · 交通

方法

動物実験 · 実証研究 · 事例研究 · 内容分析 · 実験 · 人体実験 · インタビュー · 神経画像処理 · 観測 · 質的研究 · 量的研究 · 自己報告測定法 · 統計調査

オリエンテーション

分析 · 行動主義心理学 · 認知行動療法 · 認知主義 · 描写 · 生態システム論 · 現存在分析 · 家族療法 · フェミニストセラピー · ゲシュタルト心理学 · 人間性 · ナラティブセラピー · 精神分析学 · 精神力動的精神療法 · 論理療法 · トランスパーソナル

主要心理学者

ゴードン・オールポート · アルバート・バンデューラ · レイモンド・キャッテル · ケネス・クラーク · マミー・クラーク · エリク・H・エリクソン · ハンス・アイゼンク · レオン・フェスティンガー · ジークムント・フロイト · ドナルド・ヘッブ · クラーク・ハル · ウィリアム・ジェームズ · カール・グスタフ・ユング · ジェローム・ケーガン · クルト・レヴィン · アブラハム・マズロー · デビッド・マクレランド · ジョージ・ミラー · ニール・ミラー · ウォルター・ミッセル · イワン・パブロフ · ジャン・ピアジェ · カール・ロジャーズ · スタンレー・シャクター · バラス・スキナー · エドワード・ソーンダイク · ジョン・ワトソン
ウィクショナリー · ウィキソース · ウィキメディア・コモンズ · ウィキクォート · ウィキニュース · ウィキブックス
カテゴリ: 心理療法 | 医療の一覧



心理療法の一覧 - Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/心理療法の一覧




精油の一覧
ユーカリの精油

精油の一覧(せいゆのいちらん、list of essential oils)

次に精油の一覧を示す。
精油の一覧(五十音順)

(科/抽出部位/抽出方法)

アニスシード(セリ科/種子/水蒸気蒸留法)
アルバローズ(白バラ)(バラ科/花/水蒸気蒸留法)
アンジェリカルート(セリ科/根/水蒸気蒸留法)
イモーテル(キク科/花/水蒸気蒸留法)
イランイラン(バンレイシ科/花/水蒸気蒸留法)
オールスパイス(フトモモ科/葉/水蒸気蒸留法)
カボス(ミカン科/果皮/圧搾法)
カモミール(ジャーマン・カモミール)(キク科/花/水蒸気蒸留法)
カルダモン(ショウガ科/種子/水蒸気蒸留法)
キャロットシード(セリ科/種子/水蒸気蒸留法)
キンモクセイ(モクセイ科/花/溶剤抽出法[ヘキサン])
クミン(セリ科/種子/水蒸気蒸留法)
クラリセージ(シソ科/全草/水蒸気蒸留法)
グレープフルーツ(ミカン科/果皮/圧搾法)
クローブ(フトモモ科/つぼみ/水蒸気蒸留法)
クロモジ(クスノキ科/葉・枝/水蒸気蒸留法)
ゲットウ(ショウガ科/葉/水蒸気蒸留法)
コリアンダー(セリ科/種子/水蒸気蒸留法)
サイプレス(ヒノキ科/葉・枝/水蒸気蒸留法)
サンダルウッド(ビャクダン科/木部/水蒸気蒸留法)
シソ(シソ科/葉/水蒸気蒸留法)
シダーウッド(マツ科/木部/水蒸気蒸留法)
シナモンリーフ(クスノキ科/葉/水蒸気蒸留法)
ジャスミン(モクセイ科/花/溶剤抽出法[ヘキサン]または[アルコール])
ジュニパーベリー(ヒノキ科/果実/水蒸気蒸留法)
ジンジャー(ショウガ科/根/水蒸気蒸留法)
スイート・オレンジ(ミカン科/果皮/圧搾法)
スギ(スギ科/葉または木部/水蒸気蒸留法)
スターアニス(八角)(モクレン科/果実/水蒸気蒸留法)
スペアミント(シソ科/全草/水蒸気蒸留法)
セージ(シソ科/全草/水蒸気蒸留法)
ゼラニウム(フウロソウ科/全草/水蒸気蒸留法)
セロリシード(セリ科/種子/水蒸気蒸留法)
セントジョーンズワート(オトギリソウ科/花/水蒸気蒸留法)
タイム(シソ科/全草/水蒸気蒸留法)
タラゴン(キク科/全草/水蒸気蒸留法)
タンジェリン(ミカン科/果皮/圧搾法)
チューベローズ(リュウゼツラン科/花/溶剤抽出法[アルコール])
ティートリー(フトモモ科/葉/水蒸気蒸留法)
ディルシード(セリ科/種子/水蒸気蒸留法)
ナツメグ(ニクズク科/実/水蒸気蒸留法)
ニホンハッカ(シソ科/全草/水蒸気蒸留法)
ネロリ(ミカン科/ビターオレンジの花/水蒸気蒸留法、溶剤抽出法)
バイオレット・リーフ(スミレ科/葉/溶剤抽出法[アルコール])
パイン(マツ科/球果/水蒸気蒸留法)
バジル(シソ科/葉・花/水蒸気蒸留法)
パチュリー(シソ科/葉/水蒸気蒸留法)
バニラ(ラン科/果実/溶剤抽出法[アルコール])
バレリアン(オミナエシ科/根/水蒸気蒸留法)
ヒソップ(シソ科/全草/水蒸気蒸留法)
ビター・オレンジ(ミカン科/果皮/圧搾法)
ヒノキ(ヒノキ科/木部/水蒸気蒸留法)
ヒバ(ヒノキ科/木部/水蒸気蒸留法)
フェンネル(セリ科/種子/水蒸気蒸留法)
ブラックペパー(コショウ科/果実/水蒸気蒸留法)
フランキンセンス(フランクインセンス、乳香)(カンラン科/樹脂/水蒸気蒸留法)
ベイ(クスノキ科/葉/水蒸気蒸留法)
ベチバー(イネ科/根/水蒸気蒸留法)
ペパーミント(シソ科/全草/水蒸気蒸留法)
ベルガモット(ミカン科/果皮/圧搾法)
ベンゾイン(安息香)(エゴノキ科/樹脂/溶剤抽出法[アルコール])
マートル(フトモモ科/葉/水蒸気蒸留法)
マジョラム(シソ科/全草/水蒸気蒸留法)
マヌカ(フトモモ科/葉/水蒸気蒸留法)
マンダリン(ミカン科/果皮/圧搾法)
ミルラ(没薬)(カンラン科/樹脂/水蒸気蒸留法)
メリッサ(シソ科/花・葉/水蒸気蒸留法)
モミ(マツ科/葉・枝/水蒸気蒸留法)
ブルーヤロウ(キク科/花/水蒸気蒸留法)
ユズ(ミカン科/果皮/水蒸気蒸留法または圧搾法)
ユーカリ(フトモモ科/葉・枝/水蒸気蒸留法)
ライム(ミカン科/果皮/圧搾法または水蒸気蒸留法)
ラベンダー(シソ科/花・葉/水蒸気蒸留法、溶剤抽出法)
リンデン(シナノキ科/葉/水蒸気蒸留法)
レモン(ミカン科/果皮/圧搾法)
レモングラス(イネ科/全草/水蒸気蒸留法)
レモンバーベナ(クマツヅラ科/葉/水蒸気蒸留法)
レモンバーム(メリッサ)(シソ科/葉/水蒸気蒸留法)
レモンマートル(フトモモ科/葉・枝/水蒸気蒸留法)
ローズウッド(クスノキ科/木部/水蒸気蒸留法)
ローズマリー(シソ科/花・葉/水蒸気蒸留法)
ロータス(スイレン科/花/溶剤抽出法[アルコール])
ローレル(月桂樹)(クスノキ科/葉・枝/水蒸気蒸留法)

関連項目

ハイドロゾル(芳香蒸留水)

カテゴリ: 精油 | 植物の一覧 | 食文化関連の一覧 | 医療の一覧



精油の一覧 - Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/精油の一覧




洗脳解除スイッチを入れて…秘密の解除スイッチを入れて…芸能の悪の暴露とは??自然に解除?

ミリオネアの秘宝を育て誕生!
『ガイァアルタムス性交術セフレ式メール交換調教事典で洗脳催眠法で繰り返し』

PDF版  冊子ページ数:351〜400?

特別価格 

暗号化された決済へクリック!

通常の決済へクリック!

上記決済をご利用してただくだけで、カード、銀行振り込み当の多彩な決済をご利用いただくことが可能です。

お申し込みはこちらから

クレジットカードでお支払いいただけます。

syouhin

inserted by FC2 system